スポンサードリンク

こんにちは。続けてサングラスの記事になります。サングラスを使用する用途はいろいろありますが特に眩しさが激しくて運転していても前が見えないような時があります。こんな時は普通のサングラスでは役に立たないのでこのオークリーのサングラスを使用しています。

夏の炎天下、1日中、サッカーや野球の観戦、こんな時は眩しさと紫外線で目の疲労度はかなり高くなります。こんな理由でオークリーのサングラスを買う事にしました。

 

実際に使ってみての感想

目の疲労感が大幅に軽減されます。レンズ自体はかなり暗めなので普通のサングラスだと上から下から、斜めから、いろんな方向から光が目に入り紫外線も瞳孔が開いた状態で目に入ると目に負担が大きく白内障とかのひきがねになる可能性があります。このオークリーのJACKET2.0だと目をきっちり全ての方向からカバーしてくれるので目に優しいサングラスと思います。(目の上から入る紫外線をカットする為、帽子は必須です)

また夏のギラギラした炎天下の中、このサングラスをかけるとストレスから開放されます。偏光レンズではないですがとにかく眩しさをやわらげてくれるので目の疲れ方が大幅に軽減されました。屋外でもそうですが車の運転でも危険のリスクを大幅に減らしてくれます。逆光で前が見えないような時は、車に付いている(スバル車)アイサイトも人間と同じく眩しすぎるとエラーを起こして使えなくなる事が多々あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザイン

見ての通り、スポーティでカッコいいです。高級感があり、スポーツ選手も沢山愛用しています。

運動するのに向いています。

スポンサードリンク

 

付け心地

ピッタリフィットで走っていてもずれる事はないです。自分の顔が小さめなのでそれでピッタリなのでサイズ的には小さめかもしれません。

スポンサードリンク

 

まとめ

このサングラスをかける時は帽子をかぶって上からの紫外線が入らないようにします。レンズが暗いので瞳孔が開いた状態になるので紫外線が入ると目が傷つく可能性大です。

ウルトラセブンの変身に使うウルトラアイ(古くてわからないかもしれません)のようでカーブを描いているので横からの紫外線も入らないようになっています。

長時間、強い紫外線を浴びると、白内障や黄斑変性症という、視界がゆがんだり目が見えなくなったりする病気を引き起こす可能性も多々あります。また、角膜炎(かくまくえん)になる可能性もあります。
それらを防ぐために、長時間、強い紫外線の中で過ごすときには、サングラスを着用が望ましいと思います。

 

将来の目の病気を防ぐ為、目の疲労防止、眩しさ防止により危険を回避する。いろんな効果があるのでサングラスは用途に合わせて使い分けするのが大切ではないかと思います。いろいろサングラスを集めているといつの間にか10個くらいになっていました。若い方も将来の目の為に、紫外線予防はとても大切だと思うのでしっかり対策してこれからの季節をお過ごし下さい。

スポンサードリンク

最後まで見て頂きありがとうございました。

動画もアップしました。

 

スポンサードリンク