スポンサードリンク

ワークマンから出ているイージス透湿防水防寒スーツリフレクト(H-300)をご紹介します。

爆発的に売れているイージス透湿防水防寒スーツの限定生産品です。

スポンサードリンク

定番のイージスと比べるとほとんどの機能が同じです。唯一数値で違うのは

定番のイージスの透湿度は3000g/㎡24hで対する限定版イージスリフレクトは

5000g/㎡24hになっています。この数値が高い程蒸れにくくなります。従って

イージスリフレクト限定生産品の方が少し蒸れにくさが向上しています。ただ差が

2000g/㎡24hなので体感的にはわからないかもしれません。自分も実際まだ数回

しか着ていませんが違いがよくわかりません。透湿度が向上しているので中綿が

減っているのではないかと思っていました。実際このリフレクトを買った方々が

ブログ等のネットに上げている感想が中綿が少なくなっているみたいな感想を

拝見しました。自分はこの中綿の量の差も違いが感じられなかったので

ワークマンのお客様お問い合わせセンターに確認すると以下の回答が得られました。

スポンサードリンク

 

「(商品番号H300)のイージスリフレクト透湿防水防寒スーツと定番のイージス(商品番号30639)透湿防水防寒スーツの中綿グラム数につきまして製造設計上、双方ともに

同重量の中綿使用となっております。設計上の数値報告となってしまいまして誠に恐縮でございますが以上、頂戴致しましたご質問への回答とさせて頂ければと存じます」

上記のような回答が得られました。一応中綿の量は同じということです。

2018年11月25日 追記  

定番のイージスと限定生産品イージスリフレクトの上着を計った所、両方1.1キロと同じ重量でした。 

 

 

耐水圧に関してはどちらも同じ10000ミリで同じです。もう一つの特徴として

限定生産のイージス透湿防水防寒スーツリフレクトには肩から腕にかけて迷彩柄の

再帰性反射プリントを搭載しているのがウリみたいです。夜間、ライトが当たると

光源に対して反射して視認性、安全性を確保するということです。実際に写真で比べて

みました。まず普通に撮った写真がこれです。

f:id:hanzo11115555:20181104164158j:plain

次にフラッシュを使用し撮影したのが以下の写真です。

 

f:id:hanzo11115555:20181104164224j:plain

迷彩柄がくっきりと浮き出ています。夜間ではかなり視認性がよくなり周りから

よく見えるようになると思います。

機能的には ほぼ同じです。これからはこの再帰性反射プリントを搭載して

透湿度も向上するタイプが主流になるでしょう。

こちらも上着とパンツ、両方で税込み6800円と定番のイージスと同じです。

が非常に高いです。とにかく風を通さない様々な工夫がされておりバイク乗る

方には絶対おすすめの商品です。

このイージスリフレクト、定番のイージス、イージスオーシャンも含めどれもとても温かいですが真冬の時期には中に上下とも着込まないとさすがにつらいです。沢山温かい服を着て更にこの防寒着を着て風をシャットアウトすれば完璧だと思います。

過信は禁物です。

スポンサードリンク

 

以前自分が撮影した動画をYouTubeにアップしたものです。良かったら動画も見て下さい。

 

スポンサードリンク