スポンサードリンク

こんばんは。今日はIphoneのみを使ってYuoTubeに動画をアップをする時に困っている点が1つあります。三脚にIphoneを固定して動画を撮っている時にIphoneから少し離れて説明していると音声が小さすぎてアップした時に声が小さいとよく言われる事です。撮影した後で音声を大きくするようなアプリはあるのですが無理に大きくするとクリアでない音声になってしまいます。最初から大きい声でクリアな音声にならないものか調べてみました。

スポンサードリンク

 

何故音声が小さくなるのか?

これはIphone内蔵マイクから離れて行く為に声が小さくなってしまう。当たり前ですが今時、Bluetoothマイク、イヤホンがあるのでこれを使えば離れていても音声は小さくならないはず。しかし最初から入っている純正のカメラアプリで動画撮影して更にAirPodsを使ってもBluetoothマイクが使えない状況です。もったいないです。

何故Iphone内蔵マイクでは駄目なのか?

①三脚にIphoneを固定して商品を説明する時にIphoneマイクから離れてしまうので声が小さくなる。

②移動しながらIphoneを持ったまま外で動画を撮るのは抵抗感がある。

特に①はYouTubeに動画を自宅でアップするので困っていました。大きな声で撮影してもどうしても声が小さくなってしまいます。よく声が小さいとお叱りをうけました(笑)自分でもわかっていたのですが。

スポンサードリンク

 

iPhoneのカメラ(動画撮影時)は、Bluetoothマイクに対応してないので致命的です。何故対応していないのか不思議なくらいです。需要がないのでしょうか。自分はIphoneで撮影して編集してアップします。全てIphoneで行います。

 

 

 

 

 

 

 

AirPods等のBluetoothイヤホンマイクで動画撮影が出来れば全て解決します。

 

そこでいろいろ調べてみました。IphoneのアプリでMoviePro:VideoRecorderというアプリを使えばBluetoothマイクが使用出来ました。

このアプリをアップルストアーからダウンロードするには720円かかります。有料アプリです。このMoviePro:VideoRecorderを使えば全て問題が解消出来ました。

このアプリを立ち上げてAirPodsを耳にさしたらすぐにペアリング出来き、動画撮影ボタンを押すだけです。Iphoneから離れて説明していても声が小さくなる事はありません。音質もとても綺麗です。

これがMoviePro:VideoRecorderのアイコンです。

 

 

まとめ

このMoviePro:VideoRecorderアプリを使う事で、AirPods等のBluetoothマイクが使用可能になり、Iphoneから離れて商品の説明をしていても声が小さくなる事はありませんでした。音声もとてもクリアに再生されYouTubeに動画をアップするのには最適ではないかと思います。

アプリ自体は有料の720円ですがよくIphoneで動画を撮影してYouTube等にアップされる方は便利になると思います。また外出した時にお散歩動画でIphoneに向かって話すのも抵抗感も少なくなると思います(笑)

 

少しでも参考になりましたら幸いです。自分はかなり便利に使っています。

では 失礼します。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク