スポンサードリンク

こんにちは。今日は珈琲について書きたいと思います。珈琲に はまったのは最初はコンビニ珈琲です。セブンからファミマ、ローソン、ヤマザキデイリーストアーとコンビニの珈琲を飲み歩きました。

美味しい珈琲を飲むといっても美味しいの基準は人それぞれでバリスタでもなく素人そのものなのでどれが一番美味しいとかわかりません。しかし自分の好みで美味しいを決めれば良いわけでバリスタが美味しいと言っても自分の好みに合わないと美味しくないと思います。

コンビニの珈琲は自分の好みにピッタリ合って、特にアイスコーヒーはどのコンビニでも美味しく感じられそこからがスタートになります。ちなみに上の写真で使っているのがコンビニのホットコーヒーとアイスコーヒーをそのまま入れる事が出来るステンレス素材の真空2層構造のカップです。

カップをそのまま入れるだけなのでアイスはぬるくなりにくいし、ホットは冷めにくいです。アイスは水滴もつきませんし、ホットは外のステンレス素材で持っても熱くないです。

話がそれましたがそれからコーヒー豆の焙煎所を探してたどり着いたのが岡山県の倉敷市にあるパワープラントコーヒーでした。別にこの店の関係者ではありません。でもお気に入りなので紹介します。このお店は焙煎をここでして豆を販売していますが喫茶もしているのでここでも飲む事が出来ます。

パワープラントコーヒー

〒710-0132
倉敷市藤戸町天城308
TEL 086-428-3706

営業時間10:00~18:00
月~土曜、祝日営業
定休日  日曜日

 

いろんな豆を買って試して飲んで最終的に超お気に入りになったのがグァテマラ(SHB リンダ)(中深煎り)でした。実際にこの豆を使ってこのお店で飲みました。

 

美味しい珈琲は三立て

「煎り立て」・「挽き立て」・「淹れ立て」の三立ての珈琲

ということを教えて頂きました。なるほどです。

 

また自宅でもハンドドリップが出来るように器具を揃えてこのお店で淹れ方を教えて頂きました。器具は下のような円錐タイプのドリッパーを使用しています。コーノ式と呼ばれています。

この緑のドリッパー(フィルター)の特徴はロートのような形で大きな穴が一つだけあいていることです。

 

この器具はペーパーからろ過されてコーヒー液がストレートに落ちる透過法ドリップで器具の影響を受けません。だから最初に落ちるコーヒー液がうまみを凝縮したような濃厚なエキスが出せます。これはコーヒーの液が滞ることなく豆だけを通過して抽出されるしくみです。

よくある扇形タイプは器具の下の小さな穴により適度な時間を保ちコーヒー液が抽出される方式です。最初に出るエキスが器具内に溜まりやすくなります。どちらがいいのか一概に言えません。

 

抽出方法も器具も他にもいろんな方法がありますがこれもお好みで自分に合った味になるのが一番いい器具や抽出方法だと思います。最初これでハンドドリップをしていましたがどうしても腕が未熟なので安定した味が出せないので次にコーヒーメーカーで抽出することにしました。

使ったコーヒーメーカーがハリオのV60です。

コーヒーメーカーながら蒸らしも出来るということで後は自分の好みの味になるように豆の挽き方(手動で回してガリガリ挽くタイプ)と量を調整して自分好みにしました。これで安定して美味しいコーヒーが飲めるようになりました。豆の新鮮さも大切ですが豆の挽き方でかなりの味が変わってきます。自分が思うのはここが一番重要です。素人でもこの挽き方で味が格段に違ってくるのがわかります。

細かくすれば苦味が増すし粗くしすぎると薄くて全く苦味も出ないので自分好みでなくなります。ここが難しい所です。

今は無印良品から出ているコーヒーメーカーはタイマーも付いているので時間になると自動で豆を挽いて抽出して朝起きたらコーヒーが出来ているという素晴らしいコーヒーメーカーが発売されています。

ただ価格が約38000円するので今はじっと我慢しています(笑)いつかは買いたいです~

 

少しでも参考になれば幸いです。では 失礼します。

 

 

スポンサードリンク