究極の美味しい水出しコーヒーを作る iwaki(イワキ) vs HARIO(ハリオ)

715PV

お気に入り購入品 グルメ
スポンサードリンク

こんばんは。今回も水出しコーヒーについてです。最近水出しコーヒーが流行って自分も水出しコーヒーを作り出して毎日飲んでいますが水出しコーヒーを飲みだしてほぼ毎日コンビニに行ってコーヒーを飲んでいましたが最近は自宅で作った水出しコーヒーが美味しすぎてコンビニに行かなくなりました。

水出しコーヒーを作る上でそれなりの器材が必要です。まずはiwaki製のドリッパー、サーバー、フィルターのセットです。

 

こちらはフィルターに挽いたコーヒー粉を入れてセットして水をポタポタ点滴するタイプのものです。水の点滴が終わるのが約2時間です。作り方を含め詳しくは以前のブログの記事を参照してください。

 

もう一つHARIOのフィルターインコーヒーボトルです。

ストレーナーの中に挽いたコーヒー粉を入れて水を規定量を加えそのまま冷蔵庫に入れて抽出する漬け込むだけのタイプです。こちらも作り方を含め詳細は以前のブログの記事を参照してください。

 

作り方(手軽さ)

作る手軽さで言えばHARIO製の水にコーヒー粉を漬け込み冷蔵庫に入れて約8時間待つだけなので超簡単でHARIOに軍配があがります。

一方のiwakiのドリッパーはセットしたコーヒー粉に水をポタポタ点滴するタイプで難しくはないですが手間が必要です。ただポタポタ点滴してコーヒーがろ過されているのを見るのも楽しみの一つです。究極の水出しコーヒーを作っている感が最高です。

完成時間

HARIO製の漬け込むタイプは冷蔵庫で約8時間の抽出が必要なのに対してiwaki製の点滴タイプは約2時間で点滴が終了して氷を入れたらすぐに飲めるので完成時間に関してはiwaki製の圧勝です。自分はいつも前の日に作って冷蔵庫で冷やして次の日にサーモスの水筒に入れて会社に持っていきます。

肝心の味は

あくまでも素人レベルでの個人の感想です。

結論から言うとiwaki製で点滴した水出しコーヒーは濃厚で今まで絶対自宅では作れないような味に仕上がっています。自分はこちらの方が好みです。

一方のHARIO製の水出しコーヒーは少しマイルド感があります。大量に作れて苦みも渋み等の雑味が少なく家族みんなが飲める味に仕上がっています。ただ抽出時間を延ばすことで濃厚にも作れます。

自分は苦みの強いiwaki製で作った水出しコーヒーが好みですが嫁さんと子供はHARIO製で作った水出しコーヒーが好みです。

どちらも濃い目や薄目は調整が可能なので自分の好みに合わせて作る事が出来ます。

2020年5月6日追記

しばらく使ってみてHARIOの製品は豆をひく時に細かくしすぎるとフィルターから微粉が出てきます。(ボトルの底にコーヒー粉が沈殿する)又、つけ込む時にあまり振りすぎると更にフィルターから出てボトルの底に結構な量の微粉がたまります。これが自分は気になってしかたありません。通常のコーヒーをドリップする時に使用する紙フィルターでろ過すると微粉の粒子が細かくろ過するのにかなりの時間が必要になります。水につけ込んだ後に軽く振る工程をしなかったら水に浸っていますがコーヒーの粉が撥水して(水をはじいて)抽出がうまく出来てない時がありました。

現在はコーヒー粉を入れた時にiwaki製と同じように水を少しずつ入れて先に水とコーヒー粉をなじませる方がいいようです。(棒のようなもので混ぜる)粉が全体に湿った状態になってから水につけこんだほうがいいと思います。簡単だと思っていましたが後に結構試行錯誤しました。

iwaki製のドリッパーはフィルターが詰まってあふれる事がしばしばありました。コーヒー豆を挽く特に粒度調整が必要になります。自分の持っているミルで調整して適度な粒度になるようにする必要があります。これも自分に合うレシピを作るまでに試行錯誤しました。

 

まとめ

水出しコーヒーを簡単に作りたいと思っている方にはHARIO製で、水にコーヒー粉を漬け込むタイプをおすすめします。作る楽しみはないですが誰でも簡単に作る事が出来ます。前の晩に作って冷蔵庫に入れておくだけで朝には冷えたアイスコーヒーを飲む事が出来ます。ガラス製のサーバーなのでよく冷えるので氷も必要なく冷たくゴクゴクと飲めます。それとサーバーの形状がペットボトルみたいな形状をしているので冷蔵庫のポケットに入るので邪魔になりません。

一方のiwaki製は挽いたコーヒー粉をセットしてポタポタと水を点滴してフィルターでろ過する方式なのでコーヒーを作っている感があり見ていると楽しいです。場所をとるので嫁さんや子供には邪魔だと言われます。

また冷蔵庫に入れるのはiwaki製は底が広がっているコニカルビーカータイプのガラス製サーバーなので冷蔵庫のポケットには入らないので結構冷蔵庫内で場所を取ります。ここがまた嫁さんがiwaki製を嫌う部分です。

今は会社に持って行くのはiwaki製で作った水出しコーヒーをサーモスの水筒に入れて会社で美味しいアイス水出しコーヒーが飲めるので楽しみが広がりました。会社では缶コーヒーやボトルコーヒーを買う事がなくなりました。

自宅でみんながすぐ飲めるようにHARIO製でも作って冷蔵庫で冷やしています。

どちらも一長一短があり、こちらが絶対に買いというのは個人の価値観によって決まります。

自分の中では味も水出しコーヒーを作る楽しみもありiwaki製が圧勝ですが嫁と子供はHARIO製の圧勝となっております。

両方作って冷蔵庫で冷やしているのでスペースを広くとるので邪魔とよく言われます(笑)

あと付け加えておきますがHARIO製のボトルはワインボトルみたいにオシャレに仕上がっているのでリビング等に置いていてもいいかもしれません。

一方のiwaki製は水出しコーヒーを作る最高の道具という感じがします。

お手入れに関してはどちらも同じようなものです。

結局、どちらを買っても失敗はないです。→2020年5月6日の追記を参照して下さい。

くどいですが自分はiwaki製に間違いなく一票入れます(笑)

以下に両方のメーカーからの説明を載せておきます。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。少しでも参考になれば幸いです。

 

 

iwaki メーカーより

水出しコーヒー

・ゆっくり時間をかけて抽出されたコーヒーは、コクのある、済んだ香高いコーヒー。コーヒーの粉に熱や衝撃が伝わらないため脂肪分の溶け出しがなく渋みの少ない、酸化しにくいコーヒー(保存性がある)

・冷蔵庫で1、2日保存しても作りたてのクリアな味が保てる

・電子レンジで温めて薫り高いホットコーヒーとしてもお飲みいただける

水出しコーヒー

商品の説明

色:ベージュ  |  パターン(種類):単品

●ワインボトル型の水出しコーヒーボトル。
●コーヒー粉と水だけですっきり飲みやすい水出し珈琲を作ることができる。
●ストレーナーにコーヒー粉を入れ、注口にセットしガラス本体にはめ込んだら少しずつ水を注ぐ。
注ぎ終えたらボトルをゆっくり左右に振って抽出を促進。冷蔵庫で8時間程抽出して出来上がり。


HARIO メーカーより

水出し コーヒー アイスコーヒー コールドブリュー ハリオ ワイン型 ボトル

フィルターインボトルで作る水出しコーヒーの作り方

 

FIC-70-CBR FIC-70-MC CBS-10HSV CBC-10SV
出来上がり容量 650ml 650ml 1,000ml 1,000ml
必要珈琲粉量 55g 55g 80g 80g
メッシュの材料 ポリエステル ポリエステル ステンレス ステンレス
スポンサードリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページの先頭へ