スポンサードリンク

こんばんは。本日ご紹介するのはOpteka 6.5MM F/3.5 FISHEYE LENSです。

 

自分の趣味は写真でありレンズもそれなりに揃ってきました。実は以前、トキナー製の魚眼レンズを持っていたのですが一時期魚眼にあきてしまってオークションで売ってしまいました。後に後悔しましたが時すでにおそしです。

そして魚眼を売って超広角レンズを買いました。海や広い空を撮るのが好きでいろんな空の景色を可能な限り広く撮りたいと思っていました。そして2年ぐらい経過してまた魚眼で撮りたくなって魚眼が欲しい~状態になってしまいました。しかし以前持っていたトキナー製や純正のニコン製は高くて手が出ずあきらめかけていました。

スポンサードリンク

いろいろネットで探していると魚眼が28000円弱で出ていたので調べて評価がまずまずだったのでアマゾンで買う事にしました。

特徴としては

APS-Cサイズのデジタルフォーマットに準拠

焦点距離は6.5ミリ(フルサイズに換算すると約10ミリ)でかなり広く撮る事が出来ます。

APS-Cで対角角度180を実現

最大の特徴というか短所、長所にもなると思うのですがピントはオートが使えない、絞りからシャッタースピード、ISO感度も含め全てマニュアルで撮影しなければなりません。逆に言えばフルマニュアルなので一眼カメラの勉強にもなると思います。普段自分は絞り優先モードかシャッタースピード優先モードで撮っています。なので最初は少し戸惑いましたが触っていると新しい発見も多々あり勉強にもなりました。

 

写真をはじめたら誰もが一度は魚眼レンズで面白い歪んだ写真が撮りたいと思うでしょう。こんなに安く手に入ったので良かったです。撮影の幅も広がりますし。

スポンサードリンク

実際に撮影してみると描写はそこそこというか以前持っていたトキナー製の魚眼レンズで撮ったものと比較しても変わらないです。あくまでも自分の感想ですが。

 

下の写真がOpteka 6.5MM F/3.5 FISHEYE LENSで撮ったものです。

風車の写真は少しソフトフォーカス処理しています。

空なんかもかなり広く撮る事が出来ます。実際のピント合わせはファインダーで見てもピントが合っているかどうかわかりません。こんな風景なら無限に合わせていたら間違いないです。

 

まとめ

Opteka 6.5MM F/3.5 FISHEYE LENSは安い。

描写はそこそこですが面白い絵になる。遊べます。

焦点距離6.5ミリ(フルサイズ換算で約10ミリ)なのでかなり広い範囲を写し取る事が出来ます。

フルマニュアル撮影しか出来ないので勉強するにはもってこいのレンズ。

こんなところでしょうか。

とにかく自分は広い空が撮りたいので広角に撮れ、更に歪んだ面白い絵になる

 

もし魚眼レンズに興味がありましたらこちらのレンズも候補に入れてみてはどうでしょうか。

では 失礼します。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク