スポンサードリンク

こんにちは。今日は今大人気のカワサキから発売されているNinja ZX25Rをレンタルしたので初心者の感想を書きたいと思います。57歳で今年免許取得したばかりの初心者ライダーの感想なのでベテランライダーの方と意見が全く違うかもしれませんのでご了承願います。初心者目線でのレビューになります。ちなみに自分はホンダ CB400SFに現在乗っています。

 

 

外観は見ての通りで近未来的なデザインとなっています。外観だけ見てもこれは売れるでしょう。今回は8時間レンタルでゆっくり試乗しました。いろんな問題点も出てきました。

 

同じカワサキのNinja400にメーター周りが似ています。ちなみにNinja400、CBR400Rは2回ずつレンタルして乗っています。これらとの比較も交えてお話ししたいと思います。

良かった点

①なんといっても4気筒のレーシーなエンジン音、吸気音がこのバイクの特徴ではないかと思います。これにつきます。意外に排気音は静かです。

②アイドリングはとても静かです。

③外観のデザインが素晴らしい 自分的には今回の色よりカワサキカラーのライムグリーンのボディカラーがお気に入りです。

④250ccですがハイテクな機能が盛りだくさんです。

スポンサードリンク

 

気になった点

①4気筒だから仕方ないですが燃費が悪い。20キロ/Lか人によっては15~16キロ/Lという方もおられます

②価格が250ccなのに高い いろんなハイテクの装備が付いているので仕方ないですが。

③250ccですが比較的重量が重たい。これも4気筒の宿命でしょうか。

④Ninja400やCbr400Rと比べると前傾姿勢がきつい

➄高音のエンジン音や排気音、吸気音で長い時間乗っていると耳が痛くなる

⑥ニーグリップしていると脚に電気が流れているような微振動が伝わってくる。

⑦セルを回してエンジンスタートするがかかりにくい。他の機種より長くセルボタンを押さないといけない。最初焦りました。

⑧ガソリンを満タンにするとエンジンがかからない事があるので注意が必要。レンタル会社の説明で他の機種はガソリンを満タンにして返して下さいと軽く言われるのですがこちらのZX25Rは満タンにしすぎると燃料蒸発ガス排出抑止装置に燃料が流れ込みエンジンの始動不良になるおそれがあると言われました。実際にかからなくなって大変だったと言っておられました。満タンにしすぎる シビアなので注意が必要です。

 

 

 

 

 

まとめ

今回レンタルして感じた事は結構、問題点というか気になった点が多かったので自分的にもちょっと驚きました。このバイクに乗られる方は重量や燃費はそんなに気にしていないと思われます。とにかくエンジンを回して走りたいと思っている方には最高のマシンになると思います。外観も近未来的でとてもカッコいいです。いろんなハイテク装備が付いているので値段も高くなっています。詳しくは下記のメーカーの説明を参考にして下さい。特に今回気になった点が意外に前傾ポジションがきついということ。Ninja400やCBR400Rより少し前傾がきついですが自分にとってこの少しの差がめちゃくちゃ大きくて1時間走ったら首や背中、腰に負担がかかってきました。Ninja400やCBR400Rでは全く感じなかったのですが。このバイクを買いたいと思っている方は是非レンタルして半日か一日乗ってみる事をおすすめします。短い時間の試乗ではわからないかもしれません。

しかしこの外観、レーシーなエンジン音、吸気音はとても魅力的です。これだけでも買う価値はあります。

YouTubeに排気量は違いますが同じ4気筒ということでCB400SFとZX25Rの排気音の比較を行っているのでよかったらこちらも見て下さい。

 

https://youtu.be/lZssBn_QG2Y

 

最後までご視聴頂いてありがとうございます。少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 


メーカーの説明

 

【Ninja ZX-25R SE / KRT EDITION】

249cm³並列4気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデルNinja ZX-25R。最大出力33kw(45PS)を発揮するエンジン、官能的なエキゾーストサウンド、そのパフォーマンスを最大限に引き出すフレーム、アグレッシブなNinjaスタイリング、KTRC(カワサキトラクションコントロール)やオートブリッパー付きKQS(カワサキクイックシフター)をはじめとする数多く採用された先進のライダーサポートシステムを搭載し、Ninja ZXシリーズを名乗るにふさわしいモデルに仕上がっています。サーキット走行性能の高さに加え、街乗りでの快適性を併せ持ったこのモデルは、エンジン回転数の上昇とともにライダーをその魅力の虜にします。
■SEモデル標準装備
・アップ/ダウン両対応のオートブリッパー付きKQS(カワサキクイックシフター)
・USB電源ソケット(リヤシート下に設置)
・ウインドシールド(スモーク)
・フレームスライダー
・ホイールリムテープ
■主な特長
・最高出力33kw(45PS)、17,000rpm以上の高回転域を誇る249cm³水冷4ストローク並列4気筒エンジン
・吸排気に入念なサウンドチューニングが施された、スクリーミング・サウンド
・並列4気筒エンジンのパフォーマンスを最大限に引き出す、高張力鋼製トレリスフレーム
・ハイグレードなSFF-BPフロントサスペンション、ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンション
・スポーツライディングでのパフォーマンスの強化と安心感を高めるKTRC(カワサキトラクションコントロール)、パワモード選択。
・スムーズな加速とクイックでイージーな減速を実現するアップ/ダウン両対応のKQS(カワサキクイックシフター)※SEモデル標準装備(スタンダードモデル:アクセサリー設定)
・吸気効率とエンジン性能を高めるセンターラムエアシステム
・大径ディスクとラジアルマウントモノブロックキャリパーにより優れた制動力を発揮するフロントブレーキ

 

 

スポンサードリンク