スポンサードリンク

こんばんは。今回もワークマンネタになります。春~夏にかけて汗も大量にかく嫌な季節になります。そんな時に屋外で過ごすときは出来るだけ紫外線を防いでくれて吸汗速乾機能が充実している 肌がさらさらZERO DRY -5℃をご紹介します。

 

特徴

①汗を肌から遠ざけ、いつも肌がさらさら。

②2020年モデルは遮熱機能を追加。太陽光の熱線を反射し、衣服内の温度上昇を抑制

③水分0%のZERO DRY 裏の生地にポリプロピレンZERO DRYを採用。ほとんど水を吸収しない公定水分0.0%という特徴により表生地へ水分をすばやく移行。汗を表の生地ICE TECHに吸い上げ素早く拡散。肌に触れる部分に水分が戻らず常にさらさらとした着心地が実感できます。

④紫外線99.5%以上カット

➄熱線を遮蔽し衣服内の温度上昇を約5℃軽減

⑥半袖Tシャツ(税込み980円)、長袖Tシャツ(税込み980円)、長袖ハーフジップ(税込み1500円)

⑦カラーは6色

特徴としてはこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク

まとめ

最大の特徴は吸汗速乾機能がすごいです。これが一番の売りになります。

吸水→移動 拡散→蒸発

夏場で屋外で過ごすには長袖で首元も紫外線から守ってくれる長袖ハーフジップがおすすめです。

機能は素晴らしいですが実際に着た時の着心地はというと少しザラッとした感じでさらさらして気持ちいいと言うには違和感があります。同じワークマンから発売されているクライミング 長袖ハーフジップの方がさらさらして着心地が優しいです。これは好みによるかもしれませんが2つを比べて着てみると違いがよくわかります。夏場なので下着を付けずにこれを着るとよくわかります。ここが好みの分かれるところです。

 

 

 

スポンサードリンク

クライミング長袖ハーフジップの記事の時も書きましたがこれらの素材でフード付きがあれば完璧なんですが。炎天下だと帽子の上にこの素材のフードがあれば顔の一部や耳、首の後ろ等、紫外線をカット出来て日焼けも防いでくれます。夏場は首の後ろがよく焼けます。

ラッシュガードではフード付きはよく見かけます。

クライミングシャツとこの 肌がさらさらZERO DRYは今後も定番の人気商品になるでしょう。しかし素晴らしい商品をよく作りますね。さすがワークマンです。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

 

以下メーカーの商品説明

2020年モデル
肌がさらさら ZERO DRY®(ゼロドライ) -5°Cシリーズの長袖ハーフジップ
汗を肌から遠ざけ、いつも肌がさらさら!
2020年モデルは遮熱機能を追加。
太陽光の熱線を反射し、衣服内の温度上昇を抑制
・紫外線99.5%以上カット
・さらさらDRYには理由がある!!
・水分0%のZERO DRY®
・汗を吸い上げ素早く蒸発
・脇部分が立体裁断になっているため、腕が上げやすく、すそが上がりにくい
素材/表:ポリエステル100%
裏:ポリプロピレン100%(白糸)
ライムイエロー・オレンジはM・L・LLのみあります
ブラック・ネイビーはSがあります
おすすめポイント
・男女兼用
・UVカット
FieldCore
フィールドコア

ファッショナブルなデザインで作業服のワクを越えたFildCore。高機能・高品質・カラフルなデザインを取り入れ、アウトドアブランドの定価の1/3を目指して開発されました。
『山』をイメージしたロゴは大自然へ出かけたくなる気分にさせてくれます。

スポンサードリンク