スポンサードリンク

こんにちは。2021年8月にレンタル819の年間会員マイガレ倶楽部を利用してカワサキのニンジャ400をレンタルしました。免許を取得したばかりの超初心者なのでフルカウルのSSははじめてなので乗るのに不安がありました。ホンダのCB400SFやCB400SBはレンタルして乗ったのですがこちらはシート高が755ミリと低いですがニンジャ400は785ミリと少し高い設定です。また少しの前傾になります。全くの素人が乗るとどんな感じかたになるのか自分なりの感じ方を記事にしてみました。免許取り立ての初心者の意見、感じ方なので大型を乗っている方やベテランの方、リターンライダーの方の感じ方と違うかもしれませんがご理解をお願いします。

 

良いと思った点

①重量が167キロと非常に軽い(CB400SFは約200キロ)とても扱いやすい。重量が軽いということは取り回しも非常に楽で立ちごけのリスクも軽減されます。

②シート高が785ミリですが(CB400SFは755ミリ)シートの幅が狭く以外に足つきが良かった4。(身長163センチなので足つき性は重要)

③価格も安い(CB400SFやCB400SBと比較して)

④外観がフルカウルのSSなのでカッコいい。バイク乗らない方から見てもカッコいいバイクに見られる(CB400SFはごく普通のバイクに見られる)

➄前傾もほんの少しなので免許取り立ての素人でも問題なく乗れました。

⑥これは個人によって好みの問題ですがCB400SFと比べるとエンジン音や排気音が小さい。

⑦このニンジャこそ初心者に優しいバイクです。

 

 

スポンサードリンク

悪いと思った点

①ノーマルの風貌(風よけ)低すぎてあまり役に立たない。

②車体が軽いので瀬戸大橋渡った時に横風でなんども飛ばされそうになった。はじめての高速でひやひやしました。

③個人的な意見なのですいませんがニンジャという名前がどうも好きになれません。子供にも名前がダサイと言われます。

 

 

まとめ

このバイク外観はSSですが免許取得したばかりの初心者にとってはとても乗りやすいです。足つきもまずまずで何より車体が軽いので安心して乗る事が出来ます。立ちごけのリスクも低い気がします。ホンダのCBR400Rは車体が重いので立ちごけの不安がいつもつきまといます。

エンジン音や排気音もかなりひかえめです。CB400SFやCB400SBに乗った後で余計にそう思うのかもしれません。価格も安いので人気が出るのもわかります。フルカウルのSSタイプが好きな人にとっては最高の一台ではないでしょうか。見た目もコンパクトに

感じます。250ccの車体に400ccのエンジンがのっているのでパワーもあります。ポジションも思ったよりは前傾にならず乗りやすいですが少しの前傾で手首が痛くて休憩ばかりしていました。お尻はCB400SFやCB400SBと比べて痛みもそんなにないです。その分手

首に荷重がかかってきます。これぐらいのポジションでニーグリップをもっとしっかりすればお尻も手首も痛みが軽減されるのではないかと思いますがずっとニーグリッブは厳しいです。

またいつかレンタルしたい一台になりました。最後まで読んで頂いてありがとうございます。少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

 

 

カワサキのホヘームページより

Ninja 400 KRT EDITION

カラー・モデル

本製品では、下記のカラーバリエーション・モデルを展開しています。

※画像は実際のモデルと仕様が異なる場合があります。

※当モデルはABS装着車です。

※メーカー希望小売価格は、消費税10%を含む参考価格です。

実際のモデルには前後のリフレクターは装着されておりません。

  • Ninja 400 KRT EDITION
  • Ninja 400 KRT EDITION

  • Ninja 400 KRT EDITION

  • Ninja 400 KRT EDITION

ライムグリーン×エボニー

メーカー希望小売価格 726,000円

(本体価格660,000円、消費税66,000円)

発売予定日:2021年9月10日

Ninja 400 KRT EDITION

  • ライムグリーン×エボニー

Ninja 400

  • メタリックマグネティックダークグレー×メタリックスパークブラック

  • メタリックマットトワイライトブルー×メタリックグラファイトグレー

【Ninja 400 KRT EDITION】

スペック

Ninja 400 KRT EDITION・Ninja 400

車名(通称名) Ninja 400 KRT EDITION

Ninja 400

一次減速比/二次減速比 2.218(71/32) / 2.928(41/14)
型式 2BL-EX400G フレーム形式 トレリス
全長×全幅×全高 1,990mm×710mm×1,120mm 懸架方式 テレスコピック(インナーチューブ径41mm)
軸間距離 1,370mm スイングアーム
最低地上高 140mm ホイールトラベル 120mm
シート高 785mm 130mm
キャスター/トレール 24.7°/ 92mm タイヤサイズ 110/70R17M/C 54H
エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列2気筒/DOHC 4バルブ 150/60R17M/C 66H
総排気量 398cm³ ホイールサイズ 17M/C×MT3.00
内径×行程/圧縮比 70.0mm×51.8mm/ 11.5:1 17M/C×MT4.00
最高出力 35kW(48PS)/10,000rpm ブレーキ形式 シングルディスク310mm(外径)
最大トルク 38N・m(3.9kgf・m)/8,000rpm シングルディスク220mm(外径)
始動方式 セルフスターター ステアリングアングル (左/右) 35°/ 35°
点火方式 バッテリ&コイル(トランジスタ点火) 車両重量 167kg
潤滑方式 ウェットサンプ 使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
エンジンオイル容量 2.3 L 燃料タンク容量 14 L
燃料供給方式 フューエルインジェクション 乗車定員 2名
トランスミッション形式 常噛6段リターン 燃料消費率(km/L)※1 32.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)※2
クラッチ形式 湿式多板 24.8㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)※3
ギヤ・レシオ 1速 2.928(41/14) 最小回転半径 2.5m
2速 2.055(37/18) カラー・メーカー希望小売価格 Ninja 400 KRT EDITION
ライムグリーン×エボニー
726,000円
(本体価格660,000円、消費税66,000円)Ninja 400
メタリックマグネティックダークグレー
×メタリックスパークブラック
726,000円
(本体価格660,000円、消費税66,000円)メタリックマットトワイライトブルー
×メタリックグラファイトグレー
726,000円
(本体価格660,000円、消費税66,000円)
3速 1.619(34/21)
4速 1.333(32/24)
5速 1.153(30/26)
6速 1.037(28/27) 生産国 タイ王国

【Ninja 400 KRT EDITION】

400ccクラスにおいてカワサキが提案するハイパフォーマンススポーツモデルNinja 400。ライトウェイトとハイパワーに裏づけされた特性が「FUN TO RIDE」の可能性を広げます。軽量トレリスフレームに398ccの高出力エンジンを搭載。クラス最高レベルを目指した強力なトルクと爽快な加速が体感できます。また、φ41mmの大径フロントフォークや、ラジアルタイヤなど優れた動力性能を支える機能も充実。さらにLEDヘッドライトユニットやアルマイト仕上げのフォークキャップがスタイリッシュで迫力あるボディワークを演出しています。加えてKRT EDITIONの車体デザインにはスーパーバイク世界選手権で戦うNinja ZX-10RRをイメージしたカラーリングを採用。よりアグレッシブな雰囲気を演出しています。優れたコントロール性やアップライトなライディングポジションは、ツーリングからスポーツ走行まで幅広くカバー。高い汎用性、快適性を獲得しながらもさらなるライディングエキサイトメントを追求しています。
■主な特長
・パワフルで扱い易い特性の398cm³水冷4ストローク並列2気筒エンジン
・Ninja H2からインスパイアされた軽量トレリスフレーム
・高い剛性と優れた作動性を実現するφ41mmの大径フロントフォーク
・快適性とスポーティなスタイリングを両立するセパレートハンドル
・軽量且つ高いグリップ力のラジアルタイヤ
・シャープなスタイリングに貢献するLEDヘッドライトユニット
スポンサードリンク