スポンサードリンク

2020年の秋冬カタログで着るコタツ ヒーターベストが今年も新しくなって登場。真冬にこのヒーターベストを着て更に定番のイージスの防寒着を着れば最強の防寒対策になりますね。これもバイク乗る方にはありがたいベストです。

 

 

 

 

ヒーターインナーベストとヒーターベストの違いは?

*WZ4200のヒータインナーベストはインナーになるので上着の中に着用出来るようなタイプです。内側はアルミ仕様になっています。インナーということもあってカラーは黒一色のみだそうです。

*WZ4100のヒーターベストは上着やアウター感覚で着用出来る商品です。こちらは内側はアルミ仕様ではありません。カラーは4色となっています。


 

 

 

 

 

ラインナップも豊富です。

スポンサードリンク

特徴

①電熱ヒーター付きの次世代ウェア。最大50℃の暖かさ。

②2020年はインナーベスト、デニムベスト、ミドルパンツをラインナップに追加

③保温性の高い裏アルミプリント搭載(ヒーターインナーベストのみ。ヒーターベストの内側はアルミ仕様となっていません。)

④夏の空調ウェアで使用したバッテリーが使いまわし可能と記載されています。(注1)

注1 カタログに記載されているのはハーフバッテリー8Vセットとなっています。自分は夏に買ったのは更に電圧が高い10Vバッテリーです。10vバッテリーの商品番号はWZ3100でこれが使えるかワークマンで確認した所、使えると回答を頂きました。良かったです。

実際にインナーベストを買ってみると注意事項としてWZ3100の10v(表示4)の熱量で使用した場合、サーモスタットが起動後、自動的に電源がOFFになる仕様です。故障ではございませんと記載がありました。表示3で使用すれば問題ないようです。

 

 

 

スポンサードリンク

今回はヒーターインナーベストを買いました。イージスの防寒着の中に着る予定なので。インナーベストの中はアルミプリントになっています。保温性が高いです。実際に使ってみると予想以上に暖かいです。薄着の状態(綿のシャツにワークマンのクライミング長袖ハーフジップを着て)その上に電熱のインナーベストを着てみました。バイクで早朝走る時はこの上にイージスリフレクトを着て。薄着なのでダイレクトに暖かさが伝わってきます。実際に脱いでヒーター部のアルミ部分に触ってみると結構熱く感じます。フリースなんかを着た上にベストを着た場合は暖かさが伝わるか心配ですが。胸やお腹の部分はヒーターがないので前にもあれば最高なのですが。

 

 

 

まとめ

夏は空調服、冬はヒーターベスト これで夏冬は最強かも。夏場は空調服で屋外で写真撮影する時に助かりましたが冬はこのヒーターベストを着て更にイージスの防寒着を着れば最強の防寒対策になります。バイクに乗っている時は体感温度もかなり低くなります。これを使う事で寒さから解放されると思います。夏に買った10vのバッテリーも使えるということで助かりました。ちなみに10vのバッテリーは7980円で買いました。ヒーターインナーベストは3900円です。空調服も今回のヒーターインナーベストもそうですが使わないとこの良さがわからないので暑さ寒さに弱い方は是非一度試してみたらどうでしょうか。夏の空調服は風のみ送風します。冷風ではないのでイマイチでしたが今回の電熱インナーベストは熱源があるので効果は予想以上に暖かかったです。真冬は電熱ベストとイージスで完璧になりました。今回買ったのはヒーターインナーベストですが外観も着た感覚も一番上に着てもおかしくない品質です。うすめのダウンを着ているみたいです。中はアルミプリントになっているので保温性も高いです。電熱部が首の後ろ周辺と腰あたりの2か所で前は電熱部がないですがそれでも非常に暖かく感じます。それと専用のバッテリーはほとんど熱くならないのでここの部分でもやはり信頼性が高いです。

毎年新しいものを出してくれるワークマン。今年も目が離せません。

2020年11月2日追記

 

後に気づいたのですがAmazon で電熱ベストを検索したらいろんな電熱ベストがありそのほとんどがスマホなんかを充電するモバイルバッテリーで電熱出来るというのがあります。これはとても便利です。暖まる面積も広いし。

モバイルバッテリーはほとんどの方が持っているでしょうし、わざわざ専用のバッテリーを買わなくてもいいので助かりますね。ただ安全性がちょっと心配です。中国製が多いので。着ていて発火なんかしたら命の危険性もあるので。でも気になります。安いものでは3000円を切っています。結局Amazonで1枚電熱ベストを買ってしまいました。

 

 

 

 

2020年12月17日追記

 

 

 

 

 

アマゾンで買ったヒーターベスト前と後ろにヒーターが付いているのでボタンも前と後ろの2つ付いています。

両肩にボタンでサイズ調整が出来るようになっています。

両サイドはチャックが3つ付いているのでこれでサイズ調整が出来ます。良く考えられています。

 

アマゾンで買ったヒーターベストは前と後ろ両方に電熱線が入っているのでとても暖かいです。サイズ調整もかなり幅があり助かります。モバイルバッテリーが使えるのでありがたいです。

外観はワークマンのヒーターインナーベストと比べるとかなり安っぽいです。ワークマンのヒーターインナーベストは一番上に着ても違和感なくダウンのベストを着ているみたいでオシャレです。

それとアマゾンのヒーターベストについている差し込みのコードは細くて頼りないです。

アマゾンのヒーターベスト→半袖の綿シャツを着てその上に長袖のユニクロの極暖シャツを着て更にフリースを着てその上にヒーターベストを着ましたが暖かさが伝わってきます。暖かさは言うことはないです。

短所としては生地がカタクで外観も安っぽい。着心地が悪い。バッテリーを差し込むコードも細くて頼りない。それとモバイルバッテリーが異常に熱くなります。ハンパなく熱くなります。これは非常に怖いです。モバイルバッテリ-が爆発するのではないかと思ってしまうくらい熱くなります。ちなみにバッテリーはアンカー製のものを使っています。バッテリーにかなりの負荷がかかっている感じがします。電熱部の面積が多いからでしょうか。ワークマンの専用バッテリーは少し暖かいかなあというくらいで安心出来ます。

買って1か月半使ってみましたが今の所、出火したとかの不具合はないです。中国製なのでここが一番心配です。出火したら冬は燃えやすいものばかりを多量に着ているので考えただけでも怖いですが使っています。朝起きた時も寒いのですぐにヒーターベストを着ています。朝から快適です。

ワークマンのヒーターインナーベストは内側がアルミプリントになっているので着ているだけでも保温性があり更に後ろだけですが電熱線が入っているので暖かいです。この上にイージスの防寒着を着ているのでバイクで通勤するのにも最適です。

それとワークマンのベストということで安心安全です。これが一番です。

とりあえず交互に使っていますがやはりワークマン製のものが使用頻度も高くなりました。安全性の面もありますが後ろ側だけの電熱部ではありますが非常に暖かく着心地も柔らかく外観もオシャレなのでどうしてもこちらを選んでしまいます。さすがワークマン製です。

 

2020年12月27日追記

アマゾンの電熱ベストは前と後ろにヒーター部がありとても暖かいのですがあまりにもモバイルバッテリーが熱くなり怖くて現在は使用を中止しています。発火するだけならともかくモバイルバッテリーが爆発したら大変な事になります。容量が大きいモバイルバッテリーを使用していたら尚更です。どれくらいの熱まで耐えられるかわかりませんので。アンカー製のモバイルバッテリーを使用していますが、アンカーに問い合わせても多分わからないと思います。それに比べてワークマンの専用バッテリーはほとんど熱をもちません。ヒーター部を後ろの2か所に限定しているからでしょうか。安全第一ということで今はワークマンのインナーヒーターベストオンリーで使っています。

お店に行くと在庫もなくて問い合わせばかりがきているそうです。

 

 

 

アマゾンで買った商品の説明です。↓

 

商品の説明

アップグレード版の電熱ベスト

【なぜこちらのアップグレード版の電熱ベストを選ぶの?】

  • 普通のベストよりサイズが調整可能で体に合わないかとの心配はない

側のファスナーで腰回し4段階調節可、肩のホックで身丈5段階調節可とのデザインを採用して、身長や体型に合わせて自由にサイズ調節できます。男女問わず、子供にもお年寄りにもピッタリで、より良い防寒効果を備えています。

  • 普通のベストより7枚までのヒーターを装備して防寒機能がよい

最新の炭素繊維素材と高品質なTUP加熱シートを採用しているので、約10秒で即暖ができます。同類製品よりヒーターを増加し、7枚までのヒーターを装備して服を全面的に加熱します。

  • 普通のベストより温度設定が自由

単一スイッチの従来品に比べると、この加熱服は二つスイッチが前、後加熱区を区別してコントロールします。約35℃から60℃まで、お好みで前後の加熱区の温度を設定することができます。

  • 普通のベストより使用が安全安心

日本語取扱説明書があり、誰でも簡単に使用できます。過熱による火傷を防いで使用者をよく保護するために、ベストは服内の温度によって自動的に高温モードから中温モードへ変換します。また、安定して放射線もゼロで使用者の安全も確保できます。

  • 普通のベストより超省エネ

同類製品は電気代が少なくとも1時間あたり約¥1.5ですが、本電熱ベストは省エネで電気代1時間あたり¥1.1です。

  • 普通のベストより素材がよい

85%綿と15%ポリエステルを使用して、ぜんぜん臭くないで、薄くて軽量で上着でも下着でもいいです。防寒防風機能や良い着心地を兼ね備えています。バイク、スキー、スケート、登山、釣り、ゴルフ、屋外作業、通勤通学などの様々のアウトドア活動に大活躍しています。

  • 普通のベストより仕上がりがよい

外、中、内5層とのデザイン、細部に至るまで究極の仕上がりで、ニューファッションとなり、高級感と素晴らしい耐久性を備えています。

製品仕様

【製品仕様】

材質:85%綿、15%ポリエステル

ヒーター:7枚、炭素繊維素材とTUP加熱シート

温度:3段、前後独自温度設定

適用対象:男女兼用

サイズ:調節可

サイズ1:国内サイズのS/M/L/XL/XXLに該当、体重40KG~75KGの方に対応

腰回し:100cm/103.5cm/108cm/111cm  身丈:55/56/57/59.5/61cm

サイズ2:国内のサイズのXXL以上に該当、体重75KG~110KGの方に対応

腰回し:111m/114.5cm/119cm/122cm  身丈:67/68/69/70.5/72cm

パッケージの内容:1*電熱ベスト、1*日本語取扱説明書

【注意事項】

1.30日間品質保証、ご満足いただけない場合、ご希望により対応いたします。また、製品や使用に関する任意の問題がございましたら、いつでもご遠慮なく直接に弊社までご連絡ください。こちらはぜひ8時間以内に対応いたします。

2.本製品で感じる温度は環境や個人差により温度差が生じることがございますので、あらかじめご理解ご了承ください。

3.幼児や身体が不自由な方、肌が熱に弱い方などは本製品を使用する際、低温やけどに十分にご注意ください。

 

 

 

 

 


スポンサードリンク
スポンサードリンク