スポンサードリンク

今回も自分の好きなワークマンネタです。外での写真活動やバイク乗ったりと紫外線を浴びる機会が多いので暑いのは嫌いですが長袖を着ています。車で移動の時は半袖です。出来るだけ夏の暑い時期を快適に過ごせるよういろんな服を探してユニクロやワークマンに出向いています。冬に関しての防寒対策はワークマンで決まりです。イージスの防寒着をはじめとした防寒グッズが沢山あり冬場に関してはバイクを乗っても困る事はなくなりました。

問題は夏場です。夏場の暑い時期に屋外で写真撮ったり、バイクに乗ったりしたときのあの暑さはなんともいえません。少しでも快適に過ごせるように今回ワークマンから発売されているフィールドコア製のクライミング長袖ハーフジップを買いました。

特徴

①吸汗速乾機能

②UVカット機能

③軽量

④リフレクト機能

➄リフレクトファスナーポケットと高通気メッシュ搭載(左胸にカラーリフレクトファスナーポケットを搭載し、両脇に通気性が高いメッシュを配し衣服内の熱を逃がす機能搭載)

⑥カラーは全部で6カラー

こんな特徴です。

感想及びまとめ

着た感じですがとても肌触りがよくてサラサラして気持ちいいです。ユニクロのインナー、エアリズムみたいな感覚です。着た瞬間ひんやりするような感じです。見た目のデザインは好みもありますが自分はとてもスポーティーでお気に入りです。

小物を入れるポケットがありワンポイントになりオシャレで機能性も高いです。チャックがあるポケットがいいですね。落下する事がないので。iphoneXRにiFaceのケースを付けているのでかなり大きいですがスッポリとポケットにおさまります。安心感があります。上の写真の長袖の部分と脇下の黒い部分は通気性のあるメッシュ素材になっているのでこれは快適です。メッシュなのに透けにくい仕様になっています。これもお気に入りの部分です。

吸汗速乾素材なのである程度は快適です。ワークマンに同じような 肌がサラサラゼロドライという商品があります。こちらは吸汗速乾機能が特に優れている素材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの機能は素晴らしいです。ただ着た時の肌触りが少しザラついている感じがします。夏場の暑い時は違和感があります。

デザインとか着心地は断然クライミング長袖ハーフジップの方が好みです。いつも思うのですが肌がサラサラゼロドライもそうですが今回のクライミング長袖ハーフジップもフード付きのものがないということ。これらのタイプで吸汗速乾機能+UV加工が付いたものでフードがあれば屋外で過ごす時も帽子の上にフードをかぶれば首や耳、顔の一部も紫外線をあびなくて日焼け対策になります。生地が今回のように薄ければフードをかぶった上にヘルメットをかぶる事も出来ます。フード付きの需要がないのでしょうか。一度ワークマンにこんな素材の長袖に同じ素材のフード付きを発売してくださいとお願いしてみました。貴重なご意見を参考にして今後にいかしていきますと返答がありました。

結構、屋外で真夏に歩いていると首の後ろが焼けますので。冬場のフード付きは沢山あるのですが夏場のものは少ないです。今回のような素材でフード付きがあったらといつも感じています。

あと気になっているのはワークマンから発売されている空調ウェアです。現場の作業員の方はかなりの方々が空調ウェア付きの作業着を着て作業しています。その方々に聞くとかなり涼しいらしいです。ワークマンから発売されているものはアウトドアで使えるようなオシャレなジャケットが発売されています。これらにはフードも付いて首筋にも風が入るようになっています。かなり気になっています。これからの主流になると思います。

2020年5月16日追記

クライミング長袖ハーフジップを2枚買って交互に着ていましたがあまりにも着心地が良かったのでもう1枚買いました。3枚すべて別の色にしました。この夏最強のウェアになりました。これとワークマンの空調服を合わせる事でまさしく最強の夏ウェアになります。ワークマンの空調服についても記事を書いたので良かったら参考にして下さい。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク